選手を支える日本の技術!世界一軽量の車椅子

wheelchair-369735_1920

今回はパラリンピック選手を支える技術に関する車椅子スポーツの記事です。

国枝選手が金メダル、車椅子バスケが銀メダルなど歴史的快挙のメダル獲得が今回は多いパラリンピックですね。

選手の活躍も素晴らしいですが、それを支える技術者もパラリンピックの一つの見どころではないでしょうか。

佐藤 友祈選手や大矢 勇気選手が陸上競技で金メダルを獲得しました。

選手のポテンシャルを最大限発揮させてくれているのが車椅子の技術。

なんと、「世界一軽量」の車椅子を製作している研究所があります。

それを武器に世界で闘う選手。

まさに製作者の想いと選手の想いが重なって一つになっていますよね。

皆さんも是非今回の記事で、陸上競技で使うレース用の車椅子を製作している八千代工業埼玉研究所(※埼玉県狭山市)の技術をチェックしてみてください。

シェアお願いします( ´ ▽ ` )

Facebook
Twitter
LinkedIn