「聴こえやすい」を実現するcomuoon®︎(コミューン)

名称未設定のデザイン

「声や音がこもって聴こえる」「聴こえにくくて、よく聞き返してしまう」


このように、聴こえにくいことで困ったことはありませんか?

今回は、置くだけで「聴こえやすい」を実現する対話支援機器、comuoon®︎(コミューン)について紹介します。この記事を読んで、あなたの「聴こえ」に関する悩みが少しでも解決できれば幸いです。


1.聴こえやすいをみんなの当たり前にするcomuoon®︎(コミューン)って何?

1-1.comuoon®︎の概要

comuoon®︎は、聴覚障害を持つ側が「聴こえ」の改善のために補聴器を付ける等の工夫をするのではなく、話す側から「聴こえ」の改善のために支援するというアイデアから生まれた対話支援機器です。

ただ大きい音にするのではなく、マイクから入力した音声をクリアで聞き取りやすい解像度に上げることで、聴こえやすい環境を作っています。軽度の聴覚障害を持つ方から、中等度の方に対して、「聴こえ」の改善が見られています。

1-2.耳に付けない新発想の“対話支援機器”

今まで、聴覚障害者を支援する機器は、補聴器のように当事者が耳につけるものという認識がありました。しかし、補聴器の場合、難聴の個々の症状に対応できず、装着しても音がはっきり聴こえないことがあります。

comuoon®︎は、「対話支援機器」として話者側から歩み寄り、「聴こえ」の改善に取り組むという新しいサポートの形を取っています。

1-3.ヒアリングフレイルって何?

ヒアリングフレイルとは、聞き取る能力が低下することです。ヒアリングフレイルの大きな特徴は、聴覚低下によってコミュニケーションが上手く取れないことが理由で、周りに認知能力が低いと誤解されてしまうことです。

当事者自身も聴力低下に気づかないことが多く、難聴をきっかけに社会活動が低下すると、認知症やフレイル(虚弱)のリスクが高まってしまうでしょう。

参照:「ヒアリングフレイル」ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社

「聴覚機能が低下したかも」と感じたら、「みんなの聴脳力チェック」というアプリを入れてみてください。自分の聴力をチェックできるだけでなく、ヒアリングフレイルの予防にもなります。

参照:「みんなの聴脳力チェック」ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社  

1-4.どんな人たちに良い商品なの?

comuoon®︎は、医療機関や介護施設、ご家庭での利用等、幅広い場所で活躍しています。

ギランバレー症候群を発症して、視覚と聴覚にも障害を持つ女性は、大学在学中にcomuoon®︎を使い始めてから、授業を受けるのが楽になっただけでなく、日常生活が前より豊かになったそうです。彼女は大学卒業後、特別支援学級の教員になっています。

参照:「個人のお客さまcomuoon®︎導入事例37」ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社


75歳で補聴器を使い始めた男性は、80代になり、テレビの音が聴こえづらくなっていることに気づきました。補聴器を付けるのが面倒で、テレビに近づいて、音量を上げて観ていると家族に「音が大きい」と注意されてしまったそうです。

comuoon®︎を使ってからは、テレビを通常の音量で、家族と一緒に楽しめるようになりました。彼は、聴こえないことのイライラや疎外感から解放されたと、comuoon®︎を救世主のように感じています。

参照:「個人のお客さまcomuoon®︎導入事例30」ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社


2.comuoon®︎開発の背景

comuoon®︎の発明者である中谷真一路さんは、スピーカーの研究開発責任者をしていた際に、大学教授からそのスピーカーを利用した難聴者が「聞き取りやすい」と喜んでいたことを伝えられました。

その時に、幼い頃に祖母に話しかけても返事が返ってこなくなり、ふさぎこんで食事も一人で取るようになったことを思い出したそうです。

「本当は祖母も家族とコミュニケーションを取りたかったに違いない。祖母のような人の助けになりたい

その思いから、2011年12月に、中谷さんはNPO法人日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会を立ち上げ、comuoon®︎の研究開発を始めました。

その後、聴覚障害者の実際の意見を開発に反映させ、現在のcomuoon®︎が誕生しました。

3.何故、comuoon®︎が注目を集めているのか?

新型コロナウイルスの影響で、マスク越しやアクリル板越しに会話することが増え、聴覚障害者に限らず、聴こえにくい環境が増えました。医療機関や公的機関では、アクリル板の設置で、コミュニケーションに齟齬が生じることが増加したようです。

comuoon®︎の設置は、聴覚障害を持つ方だけでなく、健聴者にとっても「聴こえやすい」環境を実現できます。

聴こえにくい状況が増えたからこそ、音がはっきり聞き取りやすいcomuoon®︎に注目が集まっているのでしょう。

4.最後に

今回は、comuoon®︎について紹介しました。

comuoon®︎は、誰もが「聴こえ」に悩まない世界になることを目標として作られています。

公式オンラインショップで購入することができるので、少しでも興味があれば、ぜひサイトをチェックしてみてください。

参照:「comuoon®︎ ONLINE SHOP」ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社

シェアお願いします( ´ ▽ ` )

Facebook
Twitter
LinkedIn