【車いす利用者にも優しい!】ユニクロはバリアフリーも進んでる♪

hannah-morgan-ycVFts5Ma4s-unsplash

今回は車いす利用者の洋服や買い物に関するライフハック記事です。

おしゃれしたい。かっこよく着たい。コスパの良い買い物がしたい。
多くの人がそう思うことではないでしょうか。

車いす利用者を中心とした身体障害者はどうしても選べる服が限られますよね。
あまりに丈や袖が長すぎるとタイヤに巻き込まれてしまったり、服が汚れてしまったりすることもあると思います。

でも、やっぱりコスパ良くおしゃれしたいですよね。そんな願いを叶えてくれるのがユニクロです。

ファッション業界の中でも、バリアフリー対応が進んでいるユニクロについて書いていきます。


1.ユニクロで買い物するメリット

車いす利用者を中心とした身体障害者がユニクロで買い物をするメリットは多くあります。
それぞれのメリットについて紹介していきます。

1-1.車いすごと入れるフィッティングルームがある

ユニクロのフィッテングルームは段差がない設備がほとんどです。
そのため車いすごと、フィッテングルームに入って試着することが可能なんです。

車いす利用者がユニクロのフィッティングルームを使った動画などもアップロードされたり、SNSで拡散されています。

自走式の車いす利用者だけでなく、電動車椅子の利用者もユニクロのフィッティングルームを気にいっています。バリアフリーなフィッティングルームの実際の動画はこちらからご確認ください。


1-2.通販での購入が可能

店舗で万が一買えなかったとしても、諦めることはありません。アプリや通販があります。

店舗で買ってしまうと帰りの荷物になってしまうので、お店で見て、試着して通販で買う。
という車いす利用者も多いそうです。


1-3.バリアフリー設備であることが多い

ユニクロのバリアフリーはこんなにも進んでいます。

  • 商業施設やショッピングセンターの中にあることが多く、店舗の入り口に段差がないことが多い。
  • 商業施設などの中に入っているため、施設にバリアフリー対応トイレが設置されている。
  • 多くの人が来店することを想定されているため通路が広い。
  • セルフレジにも必ず1人は店員が配置されるように全国で徹底されている
  • 店内には多くの店員が配置されているため、洋服が取れなくても対応してもらえる


改めて見てみると、ユニクロが技術だけでなく設備にも力を入れている事がわかりますね。

ユニクロほどバリアフリーに対して積極的で配慮してくれているお店はあまり日本にはないのが現状です。


1-4.選べる種類が豊富

デザイン・値段・サイズ・色合い・シルエットが豊富です。

最近のユニクロは+JやユニクロUなど多くの服をリリースしています。ユニクロ独自の服だけでなく、多くの会社やブランドともコラボしています。アニメコラボも年々増えており、ファミリー層からも人気が出てきていますね。

ユニクロのデザイン・サイズ・色合い・シルエットの多さは、日本を代表するファッションブランドの象徴とも言えますね。


2.ユニクロ独自のサービス内容とは

障害者専用の営業時間を設けていることです。
神戸のお店や吉祥寺のお店では障害者専用の営業時間を設けているようです。

銀座店ではスタッフが視覚障害者に駅への送迎まで含め付き添うようなサービスまで提供しています。実際に障害者専用の営業時間を設けてオープンしている動画はこちらです。


3.バリアフリー対応に対しての改善の早さ!

セルフレジがユニクロで導入された時、車いす利用者を中心とした身体障害者達からユニクロにこんな声が届きました。

「会計の際に使うタッチパネルの位置が高くて操作が出来ない」
「届いても光の反射でほとんど見えない」
「ひとつも高さに配慮したセルフレジがないじゃないか」

この声を聞いたユニクロは、レジ前に常に店員がいるような配置にしました。

そして車椅子利用者に対しては有人レジに誘導するなどの合理的配慮を行い、今までのような声が届くことはほとんどなくなったそうです。

このユニクロの対応スピードは圧巻でした。


4.車いす対応の試着室はこのサイトで探すと良い!

車いす利用者からすると、フィッティングルームの利用できる箇所が限られてしまいますよね。
車椅子対応の試着室を探し出せるサイトがあります。

そのサイト名は「uni mode」です。
今後車椅子対応している試着室を探す際にはこちらのサイトから探してみてください。


5.最後に

今回の車いす利用者の洋服や買い物に関するライフハック記事はいかがでしたでしょうか。

ユニクロは「安い・おしゃれ・機能性が良い」だけでなく、設備にも配慮したブランドでしたね。「コストパフォーマンスの良い洋服を買いたい!」と考えている車いす利用者はユニクロに足を運んでみてください。

本記事のようにバリアフリーに関するライフハック情報を収集したい!という方はこちらのサイトもご覧ください。

シェアお願いします( ´ ▽ ` )

Facebook
Twitter
LinkedIn