点字メニュー対応5選!あの有名なお店も対応!

gabriella-clare-marino-J5zIt97NYxQ-unsplash

今回はバリアフリー 情報に関する店舗紹介の記事です。

あなたは点字メニューに対応をしているお店がどこか知っていますか。

バリアフリー 対応店舗と聞くと、車椅子ユーザー向けに発信していることが多いためあまり気にしていなかったという方もいるのではないでしょうか。

そこでAyumiの独自調査でわかった点字メニューに対応をしているチェーン店をご紹介していきます。周りで視覚障害のある方がいたら伝えてみてください。

※なお、これからご紹介する店舗は全店舗で対応している場合もあれば、一部の店舗では対応していないこともあります。来店する前に一度点字メニューに対応をしているかを聞いた上でご来店のほどよろしくお願いします。


1.びっくりドンキー

「できることから着実に」をモットーに社会貢献活動をしているびっくりドンキー。食育支援だけでなくノーマライゼーションを意識した活動を行っています。障害者雇用・盲導犬や補助犬の受け入れ・手話対応・車椅子対応など多くの対策を行なっており、点字メニューの対応も行っています。

店舗検索ページで点字メニューに対応をしているかが確認していただけます。

びっくりドンキーの社会貢献活動についても知りたいかたはこちらからご覧ください。


2.ミライザカ

和民や座和民、焼肉のワタミ等を運営している和民グループが提供する居酒屋チェーン「ミライザカ」。今このミライザカという店舗が首都圏を中心に増えています。そんなミライザカでは点字メニューが展開されています。

和民グループでは社会問題に対して積極に取り組む一環として、バリアフリー対応も意識しながら店舗作りやバリアフリー対策をしています。ミライザカでは展示メニューの取り組みをしているようです。

しかし、残念ながら、点字メニュー対応をしていることはミライザカのホームページにはありませんでした。一部の店舗では展開していないということでしょうか。

ミライザカのホームページはこちらからご覧いただけます。

3.デニーズ

デニーズはバリフリー対策先進企業として有名なイトーヨーカ堂グループの1社です。デニーズは健常者と視覚障害者が共同で使うことが出来るメニューを開発しました。点字メニュー対応は全店舗で実施されています。

デニーズの点字めニューは他の店舗と少し違います。ラミネート加工がされているのです。メニューの経年劣化や汚れと言った問題があります。この問題をラミネート加工をすることにより、汚れても拭き取りが簡単で衛生的で安心。耐久性にも優れており、点字の突起がつぶれる心配もありません。

点字メニューにここまで配慮しているお店は少ないのではないでしょうか。

デニーズは「サービスや商品を提供する側の自己満足ではなく、実際に使う人達が喜ぶことこそが真のバリアフリー である」と考えています。この取り組みが他の大手チェーンでも取り入れらています。

デニーズのホームページはこちらからご確認いただけます。


4.ロイヤルホスト

この店舗の点字メニューの特徴はプレート料理(ポテトグラタンのココット・生ハム・サラダなど1つのプレート皿に盛り合わせたもの)を含めて、視覚障害者が想像しにくいメニューの解説を細かくしてくれています。

ロイヤルホストの点字メニューのように、料理の詳細内容まで点字で説明してくれるのは視覚障害者にとっては非常に嬉しいものです。

ロイヤルホストのホームページはこちらからご覧いただけます。


5.CoCo壱番屋

CoCo壱番屋は特定原材料を含まないカレーを作っていることが知られています。

そのほかにもアレルギー・栄養成分・原産地の情報開示をしていますが、それだけでなく、点字メニュー対策も実施していました。

点字メニューに記載されているメニューは20種類と少ないですが必要最低限必要なメニュー情報が載っており、点字で「詳しくは店舗従業員にお尋ねください」と配慮のある文字が書かれています。

CoCo壱番屋のホームページはこちらからご覧いただけます。


6.最後に

今回の点字メニューに関するバリアフリー 情報の記事はいかがでしたでしょうか。

Ayumiが独自で調査してきた点字メニュー対応店舗のご紹介でした。現座も調査をしており、この記事の続編も近々公開します。楽しみに待っていてください。

点字メニュー以外にもバリアフリー対応をしている店舗やチェーン店を知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

シェアお願いします( ´ ▽ ` )

Facebook
Twitter
LinkedIn