創業の想い・軌跡

障害を
価値に変える

障害者と健常者の区別が無くなるほどに、
不自由なくお互いが歩み寄れる社会を創る

私の創業の原点は車椅子生活を送る従兄弟の存在。
そして祖母が残したある一言です

2人に突きつけられた社会の問題が、
私を動かしました。

あの日
バリアを痛感した

車椅子生活になってからの従兄弟との初めての旅行。
そこで今まで経験していなかった事を経験しました。

バリアフリー詳細情報が載っているサイトが検索しても出てこない
実際にホテルに行っても従業員が把握していない

物理的だけでなく無配慮という名の心のバリア。
検索しても情報が出てこないという社会が生み出すバリア。

このバリアを「障害」と捉え、
私はこの課題解決は今後の社会に必須だと考えました。

生前の祖母が
残した言葉

いつかまた自分で働いたお金で
旅行に行きたい

起業を志した時、あることを思い出しました。

重度のリウマチで若い時に仕事を無くした生前の祖母が、
私にふとこんなことを言いました。

「いつかまた自分で働いたお金で旅行に行きたい」と。

私は生前の祖母が想い描いた社会も必ず実現すると心に決めました。

何故私がやるのか?

障害者・健常者なんて関係ない。
それぞれにしか発揮出来ない価値があります。

障害者にしか分からない世界があるかもしれません。
ただ、一緒にいる人の気持ちも理解が出来ます。

同行者・介助者にしかわからない事にも価値があります。
だからこそ、私がやります。

身体障害者の見る世界・動ける世界を変えます。

どんな未来を創るのか?

日本は超高齢社会です。身体機能が低下し、外出の機会が減り、雇用が生まれづらくなる事も予想されます。

そんな日本を変えていかないといけません。

戦争で負けてしまった時も、現状から目を背けず、前を向き続けた先人達のおかげで今があります。

私達は超高齢社会にも向き合い、障害者雇用・店舗運営支援を新たな形で変えていく必要があると考えています。

日本だからこそ世界に貢献出来ることがもっとあるはず。
私はそれをこの法人で模索をしていきます。

障害があるから出来ないではなく、
障害があるから出来ることがある。

そのような概念も創っていきたいと考えています。

Ayumiの由来

物理的バリアがあっても、心のバリアフリーがあれば、
十分に身体障害者の方々の選択肢が広がります。

店舗の配慮を始めとした歩み寄り。
障害者の方々も素直に歩み寄る。

お互いが「あれはだめだ・これはだめだ」ではなく、
出来ることから、一歩踏み出すところから始めてみる。

否定的ではなく建設的。
誹謗中傷ではなく歩み寄り。

そんな未来を創っていきたいという願いを込めました。

ロゴに込められた想い

起業のきっかけでもある従兄弟に、
ロゴの文字を作成してもらいました。

ロゴのテーマは3つ。

優しさ(歩み寄り)
温かみ(希望)
近寄りやすい(親しみやすさ)

yに丸みを持たせてハートフルを表現しています。
mは肩を組むイメージを持って表現し、タイヤはハートかつ太陽の色にしています。

互いに歩み寄り、笑顔で未来に向かい歩んで行くための一助になるために、存在し続けたいと思っています。

障害の定義

障害という定義は「社会との壁」。

障害者というのは人体機能に障害を起こしているというのではなく、

・Googleに情報が載っていない
会社から受け入れられない
・過保護/挑戦させてくれない
・情報が調べづらい
・あなたは出来ないと勝手に周りの意見を押し付けて自立させない
・やりたいことが出来ない

全ては社会が作り出した「障害」であると定義しています。

一緒に社会を変える仲間を募集中

【募集職種】
・デザイナー
・営業
・WEBライター
SNSマーケター
・SNS運用
・バリアフリー認証者候補(身体障害者に限る)

企画のみならず実行までしてくださる方を積極的に募集をしています。

上記の職種に当てはまらない方で「まずは話を聞いてみたい」という方もご応募お待ちしています。

障害者に対する社会の認識・価値観・捉え方・考え方を、
ポジティブに、価値を創出しながら変えていきましょう!

ご応募は下記のボタンから。ご連絡お待ちしております!

最後に

日本は他国に類を見ない速度で身体障害者・高齢者が増えています。

そんな、先進国の日本だからこそ、

バリアフリーにおいても先進国にしたいと私たちは考えています。


コミュニケーション・サービス・環境・意識・情報の在り方など

日常にはありとあらゆるものが存在しています。


障がい者と健常者の間での区別がなく、

世の中が障害者に対して、風通しが良くすることが当法人の使命です。

障害を価値に変え、私たちは社会を、日本を、世界を、革新していきます。