クロックポジションについて

ocean-ng-L0xOtAnv94Y-unsplash

今回は視覚障害に関するクロックポジションの記事です。

あなたはクロックポジションという言葉を聞いたことはありますか。もし知らない方はこの機会に知っておけると視覚障害者のサポートをすることが可能になります。是非ご覧ください。

1.クロックポジションって何?

視覚障害者(最近ではロービジョンという言葉も知られてきています。)に目の前の具体的な状況を説明するときに、わかりやすいとされているのが「クロックポジション」です。

クロックポジションは、どこに・何があるのかを時計の針に例えて伝える方法です。
活用する場面として多く挙げられているのが、テーブルの上にある料理の位置・自分たちが進む方向です。

奥が12時・右方向が3時・手間が6時・左方向が9時です。

「2時の方向にご飯があります」「4時の方向に進みましょう」といったような形で時計の針の位置を伝えることで視覚障害者に方向性を具体的にイメージさせることが可能になります。

クロックポジションを使わずとも、「10歩前に進んだら右に」「10センチ左にサラダがあります」などその場の状況に応じて、臨機応変にサポートが出来ると尚良いです。

参照元:視覚障害リハビリテーション協会

2.クロックポジションの他に誘導の方法はある?

視覚障害者の方を見かけて、「何か出来ることあるかな?」と考えたことはありますか。今後そういった場面になったときに、クロックポジション以外の誘導方法をお伝えします。

視覚障害者の行動習慣・その場の状況によってサポートの方法は異なりますが、より多くの人に一般的に共通する内容を書いていきます。

2-1.相手の意思を確認する

視覚障害者を見かけて困っていそうなら、まずこんな言葉をかけると良いです。

「お手伝い出来ることはありますか?」

「腕をお貸ししましょうか?」

「どこに立ちながら一緒に歩くと良いですか?」

こういった言葉をかけながら、相手の半歩手前・白状を持っていない側に立ちます。そして、肩や肘、手首の近くに視覚障害者の手を持ってきて掴まってもらいます。

相手と話しながら、どの方向に誘導するべきかを焦らずに確認し、誘導することが大切です。

2-2.具体的な表現で話す・説明することが大切

身の回りの環境を細かく・具体的に表現をすることも重要なポイントです。

・狭いところを通る場合に、「通路が狭くなります」。
・方向が変わらずに歩く場合、「しばらく真っ直ぐ歩きますね」。
・信号がある場合、「信号があるのでとまりますね」。
・方向展開をする場合、「あと3歩進んだら右に曲がりますね」。

このようなに具体的な状況を説明し、相手に具体的に周りの環境がどのような状況かを伝えると親切です。

そして、歩くスピードも人によって変わります。歩くスピードは早すぎないか。遅すぎないか。相手のスピードに適切に合わせることで視覚障害者は安心することができます。

3.誘導時に注意したいこと

クロックポジションや具体的な状況説明をすることでより良いサポートが出来ることを伝えてきました。反対に避けて欲しい表現やサポートがあります。

例えば、このような表現やサポート。

・「これ」「あれ」「むこうに」「あそこに」等の抽象的で曖昧な表現
・黙ってその場から離れない
・こちらのペースでサポートをする(相手の意思を確認せずサポートを行う)

相手の状況や周りの環境を把握し、できるだけ細かく具体的な言葉を使ってサポートを心がけましょう。

4.最後に

今回の視覚障害に関するクロックポジションの記事はいかがでしたでしょうか。
視覚障害者以外の身体に関わる障害者がどういったことに困っているのか。こちらの記事からご覧いただけます。

あなたの1つの配慮・サポート・工夫で視覚障害者の暮らしやすくなります。こういった知識を蓄えながら自分たちが出来ることから1つずつ始めていける世の中になることをAyumiは願っています。

シェアお願いします( ´ ▽ ` )

Facebook
Twitter
LinkedIn